おたふく風邪の予防接種を大人の私が受けてきました

私、実は40歳過ぎてまでおたふく風邪にかかったことがありません。

でも、注射するのも億劫なので今まで受けずに生きてきました。

しかし、男性の場合は性的に不能になるという噂を聞いていたので、

ずっと気にはなっていました。

知り合いに実際にそうなったという人の話も聞きました。

私がおたふく風邪の予防接種を受けようと思った理由は、

子供が保育園に行きだしたから。

子供は保育園に行きだすといろんな病気をもらって帰って来るんですよね。。

実際に先日は、子供が伝染ったRSウィルスに両親共に掛かって往生しました。

そういうこともあり、特におたふく風邪には注意したいなと思い、

今回予防接種を受けることにしました。

予防接種(ワクチン)の料金

私の場合は、料金は7,000円掛かりました。

医療機関によって料金はマチマチのようなので、受ける前に確認してみてください。

私の場合は、子供のかかりつけ医である小児科で受けました。

予防接種に掛かる時間

数日前に小児科に予約を入れてから行きました。

当日は、予防接種の日ではなかったので、待合室で1時間近く待ちました。

小児科で待つのは他の病気も伝染りそうで少し不安もありますね。

待ち時間は長かったものの、予防接種自体の時間は問診を含めても3分程度でした。

予防接種は痛い?

全然痛くないです。

特に大人の私の場合は少しもチクリとも感じることもないんじゃないほどでした。

また、注射は数秒程度なので、いつ針を刺したかもわからなかったほどです。

予防接種の際の注意点

37.5度以上の発熱がある場合は受けることができないようです。

また、妊婦さんは受けられません。ワクチン接種後は2ヶ月は避妊が必要だそうです。

過去におたふく風邪の予防接種を受けて、皮膚に蕁麻疹や赤み、

かゆみなどが出た方は受けられないそうです。

また、ワクチン接種後、4週間は副反応に注意が必要とのことでした。

まとめ

もしまだ大人の方でおたふく風邪にかかっていない方は、

この機会に病院に予防接種の予約をしてみると良いと思います。

ちなみに、近くの内科にも予防接種をやっているか聞いたのですが、

やっていませんでした。

ですので、小児科の方が確実ではないかと思います。

ご参考まで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする