父親として 子供が産まれる前の気持ち

いつもお越しいただきありがとうございます。

今回は、『父親として子供が産まれる前の気持ち』について。

来週には、40代にして一児(男の子)のパパになる予定です。

これまで子供が産まれるということがどんなことなのか考えたことがなかったです。

やっぱり心境の変化が多少なりともあるなと感じます。

こんな心境は今しか感じられないものかもしれないので、備忘録的に書いてみます。

父親になること・心境の変化

嬉しい反面、やっぱりなんだかだ、不安も多少はあります。

とにかく責任感がちょっと違って来た気がします。

経済的なことや、ちゃんと育てられるか。
子育てしながら安定して収入を得られるか(自営業なので)。

自分の健康にも気をつけること。

病気して家族に迷惑をかけられないとか。

そんなことを思ってしまいます。

男の子なのである意味、育て方に関しては気楽ですが(私が男3兄弟なので)。

そのうち随分やかましくなるんだろうな~と想像に難くないですね。

大きくなるのが楽しみでもあります。

私はテニスが好きなので、息子とテニスのラリーができれば最高ですけどね。

行動の変化

ブログをちゃんと運営しようと思ったのも、子供が産まれることを意識しだしてから。

ブログを通して、健康や家計、将来のことについても考えるようになりました。

今まで一度も仕事を得るために営業したことがありませんでした。

しかし、最近、営業活動やホームページでの集客も始めました。

今までは生活は何とかなっているからいいか~という甘い考えでした。

子供の将来のこともあるので、今まで通りとはいかないですね。

家の購入のこととか、子供の進路とかも考えますね。

とにかく、自営業でも安定的に収入を得て、将来に備えたいという気持ちが強いです。

どちらかと言うと、収入面・経済的な面での責任が強く(重く)なった気がします。

今後の課題

私は、あんまり人に頼れないタイプで、自分で何でもこなしてしまう人です。

もう少し人に頼ることもしないといけないなと感じています。

そうじゃないと、一人で抱え込んで潰れてしまいそう。

たまには『ヘルプ』と言えるようになるのが、私の課題かもしれないですね。

多分、そのうちイヤが上でもヘルプの連発をするでしょうが。

まとめ

出産前後のママさんがマタニティブルーになることがあると聞きます。

父親になる男も、プレッシャーを感じたり、不安になることもあるもんですね。

まあ、この辺は人によるのかなと思いますが。

私は結婚が遅かったので、なおさらそう感じているのかもしれないですね。

まあ、最終的には、なるようにしかならないですけどね。

まあ、とにかく楽しみながら育児をがんばるだけですね。

産前の父親の気持ち・備忘録でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする